今日は4月の一年中に手作りのミュージシャンとして、出展する予定の事象のインフォメーション票が届きました。その事象は自家製市(無用世界の自家製だけ種別)だ。神戸市立の相楽園という先で得る事象だ。出展者の班数量は約100班だそうです。神戸市がデビューするPRにも掲載される)事象で、自家製力作マニアのゲストが複写小物以外の雑貨に関しては、市場にアクセントの自家製力作を求めて足を運んでくれる。我々は、前回の事象で、頂点売れ難い、片隅の頂点シャッター口から遠い先だったにも関わらず、力作のなかなか勘定の良い手作りのTシャツをゼロ枚買ってもらえました。ゼロ枚購入してもらえれば、出展料金がぺいできて、それ以上に利益がでるのでいいかっていう気配でした。でも、料金を考えるとそうでもありませんでした。次回は更に収益のいる先があたればいいなと思います。
 そして、今日の昼食は、いつもの高カロリーな食べ物ではなく、低カロリーな朝食と通じる和食でした。サトイモの煮っうちがしと、高級なちくわのマヨネーズかけと、ヘルスケアたまごをふたつに割った賜物と焼きトリの炊き合わせの焼きトリと白いディナーと、でした。サトイモの煮っうちがしはかむたびにさくさくして触感が楽しめました。味わいは軽くておいしかっただ。高級なちくわのマヨネーズかけは普通のちくわ特有のにおいが無くおいしかっただ。ヘルスケアたまごをふたつに割ったものは、ふたつとも白いディナーの上にのせて、だし醤油を前文から描けて白いディナーになじませながら食べました。生のたまごのだし醤油をかけた賜物とは、触感が違っておいしかっただ。ミュゼ 料金 プラン