芥川賞受賞のコンビニエンスストアやつ。毎日、図書なんてすっかり読みませんけど、テレビに村田様が出席されていて壮健のコンビニエンスストア店員という結果興味を持ち、さっそく読んでみました。ほぼ読みやすくて面白かっただ。あのぐらい読みやすくないと僕は直ちに読みやめてしまうので良かったです。変わり者の友人と直ぐに同棲することになったところから、急に楽しくなり、終わりごろにほんのり現実離れした感じになってしまい、またそこで腹立たしいフィーリングになってきたところで終わってしまいました。あのとおり続いていたら読みやめていたと思います。初ノミネートで初受賞なのが凄まじいですよね。でもそれほどの意見ではないと僕個人では感じました。なにか物足りないエンドでしたね。あっけなかっただ。必ず図書の厚さを見たときに、それかなり無いなあとは感じていましたが、惜しくも違うエンドでしばし読みたかったですね。トドメがふとあっけなさ過ぎて、これで半分の裁断員がべた褒めしたというのですから意外でした。あんなもんなんでしょうかね。http://xn--lck0c6eya6bc6650d1owg.xyz/